シャトー・レグリーズ・クリネ [2014]750ml -赤ワイン


生産量が少ないために、あまり知られていないワインの1つであるが、レグリーズ・クリネは、常に最上のポムロルの一つにはいる。 総じて、果実味豊かで、気前よく、ふくよかなワインである。品質の点では、クロ・レグリーズやレヴァンジル、ラ・コンセイヤントをはじめとした今日の新星たちと肩を並べているといっていい。レグリーズ・クリネは、いまもなおまさにワイン通の秘密であるが、熱烈な信奉者を抱えている。

そのためこの美しいワインを数本でも手に入れるのは困難である。品質と希少性が、このワインの高値を説明している・・・が、その価値はある。是非とも手に入れたいワインである。
(ロバート・M.Jr. パーカー著、ボルドー第4版より)

ジェームスサックリング:97ポイント
 Monday, February 13, 2017

The purity of fruit is so alluring in this wine. Aromas of crushed berries, lemon rind and flowers follow through to a full body, firm and silky tannins and a long and flavorful finish. All in finesse and texture. So fine and persistent. Try in 2022 but already an inspiration to taste.

ワインアドヴォケイト95ポイント
 Issue Date 1st Apr 2017 Neal Martin 95 2020 - 2045

The 2014 L'Eglise Clinet was tasted from a single bottle but from two glasses, each poured at different times before I arrived for the tasting. They were almost identical on the nose but the one poured later was more compact. It has a very pure bouquet with blackberry, myrtle, a touch of iris and a touch of garrigue (actually reminiscent of fynbos, the wild South African shrubland). The palate is medium-bodied with crisp tannin, a silver bead of acidity, wonderful precision and beguiling purity. This is an outstanding Pomerol for the vintage from Denis Durantou, sophisticated and classy, yet the bottom line is quintessentially Pomerol. Bravo Denis.

VINOUS:95ポイント
Drinking Widow:2024 - 2060 Review Date:Jul 2019

The 2014 l’Eglise-Clinet was picked 25 September and on 4 October for the Merlot, the 6 October for the Cabernet Franc. Against expectations, here it seems more fruit-driven than the 2015 with plenty of wild strawberry and cranberry fruit laced with truffle and light cedar scents. This is quite vivacious and unlike the 2015 appears to show no signs of closing down. The palate is medium-bodied with slightly tough tannin on the entry that will soften with bottle age. There is certainly good matiere here with a gentle grip towards the finish that shows great depth and finesse. Maybe this will become a prettier l’Eglise-Clinet compared to the 2015, if not quite possessing the same longevity. Tasted at the l’Eglise-Clinet vertical at the chateau in April 2018.-- Neal Martin

その手段として、数ある免疫細胞のうち司令塔的役割を担う樹状細胞の性質を最大限に利用したHITV療法でがんの克服を目指します。

【海外手配品 納期-約2ヶ月】スナップオン・ツールズ バーコ 6M4650 両口スパナ 46mmX50 128-4380


ICVS東京クリニックでの治療法


シャトー・レグリーズ・クリネ [2014]750ml -赤ワイン

ビッグツイン(95年~)、スポーツスター 電気式アジャスタブルスピードメーター 黒盤 ステンボディ GUTS CHROME(ガッツクローム)

樹状細胞は血液に含まれる白血球の一部を構成し、血液にのって運ばれ体の中のあらゆる組織や器官に分布しています。例えば、表皮に存在している樹状細胞はランゲルハンス細胞と呼ばれ、傷口などから体内に進入してくる微生物など生体に害となるものを排除するために常に働いているのです。

■大見 ハンディーショッター 〔品番:HS-110A〕[TR-1166514]